【相続税対策】死亡保障はいくら?いらない?どれくらい掛ければいい?【生命保険】

生命保険
スポンサーリンク

人は生きているならいつか死にます

変な話、死に方は色々であり、死ぬときの環境もさまざまであり、家庭環境もさまざまです

知り合いだからとか、いつもお世話になっているからと、あまり考えずに生命保険を契約している方も結構多いです

保険を売る側からすれば、契約ができる事が目的となっている事が多く、無駄に生命保険を掛けさせている実態もあります

ここでは本当に死亡保障(死亡保険)が必要な人と、どれくらい必要かを簡単に計算する方法を解説していきます

スポンサーリンク

死亡保障付きの生命保険とは

死亡保障付きの生命保険とは

もうお分かりの方も多いとは思いますが、よく「死亡保険」「死亡保障」という言葉がつく保険は、被保険者が亡くなった時に保険金がもらえるという生命保険のひとつです

保険会社に保険料を払い、その間に被保険者が亡くなった時に保険金を契約者に払うという形です

生命保険(死亡保障)の保険料の決め方(算定方法)

死亡保障付きの生命保険のお客様が支払う保険料は、基本的には以下の計算で決まります

1000万円の死亡保険金の保険料の例

1000万 × 年齢別の平均死亡者数 = 必要な死亡保険金(保険会社が支払う)

必要な死亡保険金 ÷ 保険を掛けてくれる人 = お客様が支払う保険料

生命保険(死亡保険)の保険料の算定方法

年齢別にどれくらいの人が死亡しているかという数値は毎年厚生労働省が発表しています

生命保険の保険料が年齢別で違うのは、年齢によって死亡率が違う事と、あと何年生きるかという平均余命の違いがあるからです
簡単に言えば、年齢別の死亡率が高く、平均余命も少ない、という年齢層の保険料は高いという事になります
高齢者が多額の死亡保障を付けるとなると、保険金がかなり高くなるという事ですね

そして、この基本的な保険料の決め方に、保険会社が損をしないように、各社それぞれで保険料を決めます

保険会社によって保険料が違う理由

先ほど説明したように、保険会社によって保険料はかなり違ってきます
お客様に支払う死亡保険金は同じ1000万でも、保険会社によってはかなり高くなってしまいます

保険料が高い保険会社は、人件費が掛かっていたり、会社の運営がよくなかったり
保険料が安い保険会社は、人件費が掛からない体制だったり、大きな会社で運営がよい

私の場合の10年1000万円死亡保障の保険料を試算してみるとこうなります

上記2つの保険料は安いですが、ネット契約で人件費が掛からない、下の2つは店舗で窓口などで人を介して契約する、人件費が大きく保険料に関わっているのが分かると思います

商品名に各保険会社の見積もりシミュレーションができるリンクを貼っていますので一度やってみると面白いと思います

加入している生命保険は本当はあなたに必要ない死亡保障かもしれない

加入している生命保険は本当はあなたに必要ない死亡保障かもしれない

生命保険は自分から掛けようと考える人と、保険外交員や窓口で声を掛けられて掛ける人、2通りの加入ではないかと思います
私が営業していた感覚だと「声を掛けられて入る」が多かったです

理由はいろいろあると思いますが「分かってはいるけど考える時間がない、難しくてわからない」というような事を聞きました

保険会社(保険外交員、窓口)では売る側の都合の良い保険を押し売りしている

向こうから来てくれて説明も良く人も良かったので加入した、こういう契約をした人はかなり多いと思います
中には普段の付き合いで入ったという人もかなり多い
こういう契約をした人は、正直言うと、良いように言いくるめられてます

保険外交員や窓口で売ってくる保険は、会社の都合のいい、売る側の都合のいい保険ばかりです
なぜそういう形になるか、それはノルマがあるからです
人が動いている保険会社は、100%その人にノルマが掛けられ、売るたびに販売手当が入ります

売る商品によってはノルマに積み重なる数字が違い、手に入る販売手当額も違います
会社によってノルマの数字って違うんですよ

  • ノルマが死亡保障額の会社は、死亡保障が大きい保険が売れた方がいい
  • ノルマが保険料額の会社は、保険料額が大きい保険が売れた方がいい

お客様の事を考えつつも、頭の中には常にノルマと販売手当を考えているのが外交員や窓口社員です
良い保険に入ったと思うのは、病気になったり家族が死亡して保険金が入った時です
何も無ければ無駄な保険料をただ払っているだけの可能性もあります

毎月の保険料が通帳から落ちてるのに、保険の契約内容は忘れているお客様が大多数です

生命保険の死亡保障が絶対に必要な人

生命保険の死亡保障が絶対に必要な人

一家の大黒柱には死亡保障が必要な場合が多い

生命保険の死亡保障が必要な人ってどういう人でしょうか

  • 一家を支える大黒柱

まず最初に必要なのは一家の大黒柱ではないでしょうか

会社経営者になると法人契約の方が良いと思うので、あくまで普通の家庭の大黒柱と考えて下さい

我が家の大黒柱に万が一があった時・・・保険を売る社員は「万が一」という言葉を多用します

死んだら、というより聞こえが良いですからね

大黒柱が死んだ時をしっかり想定してください

子供がいない夫婦だけの場合

子供がいない夫婦だけの場合

子供がいない家庭だと、自分の生活がどうなるかを考えるといいと思います
今現在、自分の収入が少ない場合は、大黒柱が亡くなった生活が大変になります

実家に帰ればいい人は、死亡保障は掛けなくてもいいと思います

住宅ローンで済んでいる家で済み続ける場合【団体信用保険】に加入しているかがカギになりますが、恐らく住宅ローンを組んだ段階で加入していると思います

略して団信(だんしん)という良い方で通っていると思いますが、大黒柱が住宅ローンの名義人になって団信に入っていれば、住宅ローンは払わなくてよくなります

そういう人も、大黒柱に保険は必要ないかもしれません

住宅ローンは心配なくなったけど、自分に収入が少ない(無い)という場合は、毎月の生活費でどのくらいの期間は苦しまなくて済むかを考えます

毎月の生活費が20万で1年くらいの間に就職先(収入先)を探すなら

  • 20万 × 12(ヶ月) = 240万円

大黒柱に掛ける死亡保障も300万くらいと考える事が出来ます

ここでもう一つ、大黒柱が残した預貯金などの資産が300万円以上ある状態なら、死亡保障はいらないとも考える事もできます

子供のいる夫婦の場合は大黒柱に掛ける死亡保障もしっかりと

子供のいる夫婦の場合は大黒柱に掛ける死亡保障もしっかりと

子供のいる夫婦、大黒柱に掛ける死亡保障が必要な場合が多くなります
残される人が「配偶者」と「子供」になります
これから先、どれくらいの費用が掛かるか、これをよく考える必要があります

先ほどは配偶者が残された場合の死亡保障の考え方を説明しましたが、子供が小さい場合は自分が就職が難しい場合もあると思います
田舎だと保育園や保育所はほぼほぼ入れますが、都会だと難しいという特集を見た事がありますし
そうなると、自分の生活費や子供に掛かる生活費をよく考える事が必要です

毎月の生活費も大きくなりますし、子供が小学校に上がるまでは就職できないかもしれません

内閣府が出した数字で計算すると、未就学児(小学校に上がる前)かかる費用はこうなります

  • 保育園・保育所に入ってない場合 = 年間約80万
  • 保育園・保育所に入っている場合 = 年間約120万

もちろん、生活費などを節約すればもっと減るとは思いますが、あくまでも平均の数字です

子供があと1年で学校に上がるけど、それまでは専業主婦で生活する場合は、本人と子供と費用で年間320万円となりますので、大黒柱に掛ける死亡保障は400万円くらいと考える事もできます

ちなみに死亡保障は100万円単位の保険会社が多いので10万単位は切り上げてます

進学費用も死亡保障に考えると・・・

進学費用も死亡保障に考えると・・・

さらに子供が大きくなったときに大学を目指すという話になるとします
今はほとんどの学生が大学や短大、専門学校に進むようですね
高卒の私ですら、大学に行ってもっと経済などを学べばよかったと思っているくらいです(笑)

大学4年間の学費はざっとこうなっています

  • 国立大学 約250万円
  • 私立大学 約500万円
  • 専門学校 学校によってまちまち(年間100万円から300万円)

家から通えるならいいんですが・・・下宿代やアパート代、仕送りなどと考えると途方もない金額になります
知り合いの親御さんがよく言うのは「大学に行くと家1件分のお金が飛ぶぞ」というものです(^^;
まんざら嘘ではないので、大学費用も考慮すると、大黒柱に掛ける死亡保障はどんと上がります

大学費用と言えば「学資保険」がすぐに浮かぶと思いますが、学資保険は今掛けるだけ損です

これはまた別のページで解説したいと思います

大黒柱の死亡保障は万が一があった時に掛かるであろう費用と持っている資産で考える

大黒柱が亡くなった場合には、その時にある資産(預貯金など)を考え、掛かるであろう費用を概算して死亡保障を考慮するといいと思います

お金持ちは保険が要らないってのはこういう所にもあります
預貯金も少なく収入も少ない家庭であれば、少しでも死亡保障があると安心できると思います

死亡保障を上げれば保険料も上がりますので、かんぽ生命のような保険料の高い会社よりも、ネットで少しでも安く保障の大きい方を選ぶのが賢明です

コメント

タイトルとURLをコピーしました