【メリット無し】学資保険とは?今はデメリットだらけ?【代わりの商品】

学資保険
スポンサーリンク

子供が出来たら「学資保険」という言葉を耳にすると思います。

そう、「耳にする」事が多いと思います。

それは、周囲の人から、特に両親から「学資保険はかけておきなさい」と言われることが一番多いと思います。

しかし、それは昔の話です。

学資保険を掛けるメリット、デメリットなど、現在における学資保険と学資保険に代わる商品を解説します。

スポンサーリンク

学資保険とは?学資保険のメリット・デメリットなど

学資保険とは?学資保険のメリット・デメリットなど

学資保険とは以下のような特性のある貯蓄性の保険です

  1. 進学資金(15歳満期・18歳満期)の準備
  2. 子供の医療保障(死亡保障付きも)
  3. 契約者に万が一があった時に保険料免除

学資保険の大きな特徴としてはこの3つがあります。
進学時の資金作り、これが一番推してくる部分だと思います。15歳満期という高校進学のためのものもありますが、これは正直いらないと思いますが、主には大学資金の準備を、というフレーズでセールスします。

学資保険を掛けている間に子供さんが入院した時などに入院保障などがもらえます。

そして、大きな特徴としては、契約者に万が一があった時に保険料を払わなくてよくなります。もちろん、満期保険金は貰えます

基本的なセールストークとしては「確実に大学資金作りが出来る。子供さんがケガなんかして入院しても保障される。途中で契約者が亡くなっても大学資金は心配いらない」こんな形で保険会社はおすすめしてくると思います。

学資保険が良かったのはメリットだらけだった大昔の話

学資保険が良かったのはメリットだらけだった大昔の話

上記の3つが学資保険の特徴です。実は、親世代の人たちが学資保険をすすめる理由がもう一つあります。

  • 掛けた保険料より大きく戻ってくる(返戻率が高い)

20年、30年前はこれがあったんですよ。私の知ってる学資保険で70万保険料を納めて100万の満期保険金というのはザラでした。その間に保障まで付いてるんでそりゃお得ですよね。
当時は預貯金の金利も6%とかすごい時代で、更に預貯金より大きく増やせた学資保険はどう考えても掛けておかないと損と言える内容だったんですよね。

令和の現在、この特徴は全くなくなっています。
返戻率100%=掛けた保険料と満期保険金が同じ=損はない(掛け捨てはなし)
という形ですが、現在の返礼率は90%台が多く、大昔に良かったかんぽ生命の学資保険は今や80%台です。

掛けた保険料より多くもらえる学資保険の注意点

令和の現在も、返礼率が100%を超える、いわゆる掛金よりも多くもらえる学資保険もわずかながら発売されています。ソニー生命なんかは有名ですね。そういう学資保険は預貯金で絶対に引き出したくないお金があるなら検討の余地ありですね。

他にも返戻率100%以上で提案してくる学資保険もあるかもしれませんが、注意点があります。

色々な特約を外して外してやっと返戻率100%を維持している可能性もあります。

返戻率は良いけど、保障内容をよく見ると、契約者が亡くなった時に保険料免除(払わなくてよくなる)が無かったりするんですよ。入院保障もなしだと、ただの積立です。

条件によって返戻率が上がっていく提案をしてくる時は、ほとんどの場合こういう特約や条件を外してくる事が多いです。話を聞く際はよく聞いた方がいいですよ。

学資保険に契約者が万が一があった時の実情

学資保険に契約者が万が一があった時の実情

私自身、学資保険はたくさん契約していただきました。その中で、本当に契約者に万が一があった方もいます。確か5件くらいありました。

子供さんが小さいうちに親が亡くなるなんて、本当に悲しすぎてお客様の顔も見て話する事ができないくらいでしたが、契約者が亡くなった時はその学資保険は保険料免除制度により保険料は払わなくてよくなります。

しかし、ここで窓口の実情です。

ほとんどのお客様が解約して解約返戻金として受け取る方を選ぶんです。

契約者が一家の大黒柱のお父さんになっている契約ばかりだったんですが、大黒柱を失ってお金が必要になる場合が多いようなんです。貯蓄が十分にあれば別だと思いますが、そういう家庭はあまり学資保険かけないんですよ。

18歳に満期を貰うまでに少しでも今必要なお金が欲しい、そういう判断をする家庭ばかりでした。

契約者が祖父母の場合は話は別になると思います。最近は保険料自体が高くなってあまり見ない契約形態になりましたが、10年20年前はよくありました。
お金を持ってるおじいちゃんおばあちゃんに貯金代わりに学資保険にどうですか?というセールスですね。
返戻率が高い頃は、まとめて保険料を払うと割引される制度とダブルでお得だったんですよね。

ありきたりの言葉ですが、昔は良かったんですよ(笑)

タイトルとURLをコピーしました