10年後に100万が戻ってきます

それまでに小さいけど入院保障も付きます

万が一があった場合は100万円が死亡保険金として残せます

こんな売り方をしてた満期型の保険です

通帳にお金貯めてもすぐに使ってしまわないですか?

それだったら通帳から勝手に引き落として別のところでちゃんと10年後に100万円残しながら保証も得られます

結構入っている人が多い

特に田舎でネットに疎い人に多い保険だと思います

どこが売りつけてるとかは言いませんけど(笑)

満期型の保険は分解してみたら分かります

10年で100万円が満期として戻ってくる

満期型の保険

分解してみたら面白いです

10年で100万円という事は、月々8333円が貯蓄(満期)に回ります

8333円 × 12ヶ月 × 10年 = 約100万円

になります

では、今払ってる保険料から8333円を引いてください

これが保障として「かけ捨て」ている部分になります

お客さんからしたら捨ててますが、保険会社から言えば収入の部分

例えば、某生命保険会社の見積もりで私の場合はこうなります

保険料が9590円

8333円を引くと、1,257円

毎月1,257円が掛け捨てにになり、10年で150,840円になります

その掛け捨て保険料で得られる保証はざっとこんな感じです

  • 入院保障 1日1,500円
  • 死亡保障 100万円

同じ保険会社に定期保険という完全に掛け捨ての保険があります

  • 10年満期(満期保険金は無し)
  • 入院保障 1日3000円
  • 死亡保障 200万円

保険料は月々1,620円です

おかしいでしょ?

倍の保障が得られるのに400円弱の保険料の違いなんです

まぁ、ここは数年前に大規模不適正募集で槍玉にあげられた某保険会社なんで、相手にしない方が無難です

窓口や家庭で満期型の保険(養老保険)を勧められたら定期保険を引き合いに出してみて下さい

しどろもどろになるでしょう、販売員は

保障は県民共済が最強です

やっと今年から、我が県にも県民共済に加入できるようになりました

私の場合、独身なので死亡保障はいらないです

医療保障も・・・正直いらないというのが本心ですが、万が一長期入院した時に、私の場合は無収入になる

その時に一日当たりに貰える入院保障が収入になるんですよね

なので、県民共済の場合は病気で1ヶ月入院したら毎日1万円が収入になる訳です

県民共済の保障はこの画像の通り・・・すごいですよね

一日10,000円の入院保障

しかも通院まで出る

月々2000円ですよ

もうね、民間全部ボロ負けです

ご自分の地域が県民共済に入れるなら、これが最強です

他に迷う必要はありません

しかもですよ、この年額24,000円、たったの24,000円なのに、割戻金があるんですよ

要するに、必要なかった保険料が一部返ってくる

県によっては違いがあります30%から70%が戻ってきている実績があります

びっくりですよね

仮に30%戻るとしたら月々1,400円・・・

仮に70%戻って来たら600円です

笑っちゃいますよね

先ほど例に出した某保険会社の半分以下の保険料で5~6倍の保障が得られるんです

県民共済は死亡保障に強くない

最強の県民共済ですが、死亡保障はちょっと弱い

独身なら自分が死んだら死亡保障残すぞって人はあまりいないと思います

逆に言えば、独身ですけど自分が死んだら数千万残したい、って人にも県民共済だけでは足りません

だからと言って、養老保険で残すのもバカですよ

死亡保障に重点を置くなら、定期保険です

それも窓口とかではなく、ネットです

とにかく、窓口で売ってる保険は入らない方がいいんですよ

勿体ない

独身で死んだ時に残さないで良いなら県民共済以外は入らない、入ってたら解約

変な保険を売り付けられても通帳から落ちてたらあんまり気にならないんですよ

それが一番もったいない

働きだしたから、とかバイクでいきなり来て、親にも勧められて養老保険に入ってませんか?

すぐに解約しましょう

また別の機会で話したいと思いますが、お金を貯める+保障 で考えるなら「県民共済+積立投信」以外の選択肢はないです

郵〇局とJ〇の契約は確実にすぐに見直してみて下さいね(@^^)/~~~