【貯蓄から投資へ・資産所得倍増計画】投資初心者の資産倍増計画のプラン【投資信託】

投資信託
スポンサーリンク

2022年5月に岸田政権が「資産所得倍増計画」を突然掲げてニュースにもなりました。

ほとんどの国民が「ぼっちゃん育ちにはわかんないんだな、今の現状が」と開いた口が更に地面まで落ちたと聞きます。

安倍政権ではアベノミクスが失敗に終わったのに日本の株価は上がりました。見事にその恩恵に乗れずに岸田政権で失速させています。

国民の貯蓄を投資に回せして株価を上げて国民全員が株価上昇の恩恵が受けられます。

あなたは文句だけ言って何もせずに終わりますか?

岸田政権の資産所得倍増計画の「資産倍増計画」を計画してみませんか?

ここでは一般家庭で出来る資産倍増計画プランを解説します。

スポンサーリンク

投資初心者の資産倍増計画は投資信託

投資初心者の資産倍増計画は投資信託

資産=お金(預貯金)となります。

今ある預貯金を倍増する計画を立てて行きましょう。

簡単に投資できる商品は「投資信託」ですね。投資信託の仕組みは下図の通りです。

投資信託の仕組み

図の左下の「投資家」は投資信託を買う人、つまりわたしたちです。
投資信託を買う事で投資家(個人投資家)になれるんです。なんかカッコいいでしょ(笑)

この投資家からお金を集めて、それも数百万とかではなく数十億という資金を投資信託を運用する会社のプロ投資家が色々なもの(株式や債券、不動産)に投資して、その成果を投資家に利益として返す。

わたしたちはただ運用する会社を信じるだけです。

投資を信託するから投資信託です。

投資初心者はこの「投資信託」一択で考えてOKです。

ちょっと知識のある人は、投資信託より手数料の安いETFだよ、とか知識をひけらかすようにアドバイスしてくる人やYoutubeも多いですが、投資初心者はまずは投資信託です。

私自身もETFでなく投資信託で運用していますが、今の投資信託は手数料がすごく安くなってるんですよ。比べてすごい違いなんか今はありません。投資信託が理解出来てからETFを勉強するのがいいと思います。

実際に投資信託で資産倍増させる運用プラン

実際に投資信託で資産倍増させる運用プラン

資産を倍増させる・・・今持っている全ての預貯金を倍にする、これはちょっと無理があります。預貯金全部をいきなり投資ってのは辞めた方がいいですしね。

手元にある低金利で眠っている預貯金があればそれを運用しましょう。郵便局の定額貯金なんかは超低金利で10年固定される最悪な商品なので、そういうのを資産運用してみましょう。

例えば、定額貯金で100万円が数年ほったらかしであればそれを投資信託に回しましょう。

具体的には「投資信託」の「積立投資」で始める事をおすすめします。

積立投資のよさはドルコスト平均法ですね。投資初心者の方は耳にした事も無い人も多いと思いますので、よかったら先に上記記事を見て頂けたらと思います。

資産が倍になる72の法則

資産が倍になる72の法則

ここで有名な72の法則を紹介します

お金が2倍になる期間は【72÷利回り=2倍になる期間】

お金が2倍になる利率は【72÷期間=必要な利回り】

72の法則

もし100万円を倍増させるには

  • 1年で倍増  72÷ 1年=72%
  • 5年で倍増  72÷ 5年=14.4%
  • 10年で倍増 72÷10年=7.2%

年利72%のような投資信託は存在しません(笑)こういう短期で倍増を狙うには、株式投資しかありません。投資初心者にはハードルが高すぎると思います。
5年で倍増でも14.4%・・・これは無理、とも言えない
10年で7.2%の利回りのファンドに投資・・・これはかなり現実的です。

もちろん、預貯金では金利が低すぎて100%無理ですよね。
投資信託だと可能性はかなり高くなります。

10年で資産を倍増させる投資信託積立は13%が必要

10年で資産を倍増させる投資信託積立は13%が必要

税金を考えずに単純に積立投資で10年で資産を倍増させるには13%ちょっと利回りが必要です。

世界のトップの経済大国のアメリカの数字でも20年間の平均は8%ちょっとですから、10年の積立投資では倍増はちょっと無理があります。

しかし、アメリカの大企業に投資するのは一番おすすめはできるんですよ。
アメリカはコロナショックからもすでに回復してコロナ前よりも株価は上がっています。
逆に日本はというと、なんと20年以上前のリーマンショック以前の株価にも戻ってないんですよ。

投資初心者がいきなりアメリカの株?と思うかもしれませんが、既に衰退が見え隠れしている日本の経済に投資します?

私自身は既にアメリカに投資する投資信託の積立を始めてますし、特に不満もありません。
やるならアメリカ株に投資するものがいいと思います。

投資信託の積立投資で100万円を倍増させるには

投資信託の積立投資で100万円を倍増させるには

平均リターンが8%のアメリカの大企業に投資するファンドで積立投資した試算を出してみます。

100万円の低金利の預貯金を毎月5,200円の積立投資を開始

16年で2,010,000円になり、倍増成功!

積立てた金額の合計は998,400円

5,200円は計算上出した数字ですので、もうちょっとキリの良い積立をします(笑)

毎月5,000円で16年間積立投資(合計96万円)

年間リターン8%のアメリカの大企業に投資するファンドを買う

16年後に1,930,000円になり倍増成功!

これ、すごく現実的です。これならできそうじゃないですか?

毎月5000円なら自販機で買うのを我慢すれば出てくる数字ですし、もし今、毎月預貯金しているなら投資信託に回す事も検討するべきですね。

もう一つインフレの懸念も考えないといけません。

倍増まで16年かかっていますが、16年後には間違いなく物価が上昇(インフレ)が起こるでしょう。

今100万円で買える商品が150万まで物価が上がるかもしれませんが、この積立投信をしていたらちゃんとインフレに追いつきました。

もう一つ、お給料が増えれば問題ないんですが・・・あなたやご主人さんの勤め先は給料がそこまで上がると思います?

誰でも始められる資産倍増計画・積立投信で毎月5000円16年!

誰でも始められる資産倍増計画・積立投信で毎月5000円16年!

先ほど試算した数字で言えば

  • アメリカの大企業に投資するファンドを毎月5000円16年積立てる

という事で可能になります。

積立投信は1000円から可能ですし、つみたてNISAという口座を開設して積立投資を始めれば、税金も掛からず儲けはまるまる貰えます。

おぼっちゃま岸田政権は簡単に倍増なんて言ってますが、現実として長期間投資し続ける事で可能性が出ます。

岸田首相が思い付きみたいに突然発した

「資産所得倍増計画」と「貯蓄から投資へ」

これを頭ごなしに「わたしには無理」と諦めないでしっかりと考える時代が来ています。

そろそろ重い腰を上げて投資を考える時ではないでしょうか

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m
投資関連の記事も書いていますので参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました