【株式投資】大きく儲けるためには大きな資金を動かす【短期トレード講座その3】

株式投資
スポンサーリンク

私自身は約5~6年の株式投資でFIREする目標額をクリアし、仕事と職場の人間関係のストレスから解放されました

前回までは短期トレードに向いている性格などを解説していきましたが、今回は私自身が短期で大きく増やせた要因を解説したいと思います。

これを真似したら大きく資産を増やせるわけではないという事は頭に置いていてください。

どうして素人の私が仕事をしながら大きく増やせたかの経験談です。

しかし、あくまでも投資は自己責任、という事は頭に入れておいてください。

スポンサーリンク

短期で大きく儲けたいなら大きな金額を投資するしかない

短期で大きく儲けたいなら大きな金額を投資するしかない

短期間で大きく資産を増やす、大きく儲けるためには、大きな金額を動かすしかありません。

1ヶ月で2倍になるような株を掴んだら話は別ですが、大抵の人はそういう企業の株を当てても少し利益が出たら利益確定してしまうんですよ。

私の場合は、何とか毎月10%くらいの利益が出るようになり、数か月で2倍になった時期もありました。

投資素人は小さい動きで利益確定しがちになる

私のような素人投資家は、利益が出てもすぐに利益確定してしまいがちです。
実際に私も、5%くらい上がったらすぐに利益確定してしまっていました。

ただ、これは私自身が決めていたルールをかなり厳格に守っていたって事もあります。

  • 利益確定5% 損切り2%

一応、私なりにその日の日経平均の動きやその買う株の動きを見て、一番安い下値だと思う位置で勝っていました。
ですので、少しでも下がったら自分の考えが外れたという意味なのですぐに損切り
逆に上がれば、欲を出さずに5%で利益を確定させる、という自分ルールを徹底していました。

少ない金額を動かしても少ない金額しか利益が出ない

少ない金額を動かしても少ない金額しか利益が出ない

有名なYoutuberさんはとにかく短期トレードはするな、長期分散積立てのつみたてNISA推しですね。

私もこの考えは絶対に合ってると思います。
素人がテンバガーを狙って本を読み漁ってもはっきり言って無理です。
そういう人が多いから、個人投資家が90%負けるんです。

しかし、短期で大きく、という目標を持っているなら、少額でコツコツ長期投資というつみたてNISAなどは向ていないと言えます。

リスクは相当大きいですが、大きな金額をどんと投資しないと短期では大きく増やせません。

毎月1万円を1年続けてその年に10%上がったとしても利益は12,000円程度です。
もしその年に1000万円投資していたら、利益は100万円です。

当たり前ですが、短期間で大きく儲けるには少ない金額を投資しても無理なんです。

大きな金額の数%は数10万円の動きになる

先ほどの続きになりますが、毎月3%の利益でも10,000円と10,000,000円では1,000倍の差が出ます。

当たり前ですね(笑)

ただし、実際に預貯金がそれくらいあっても、どうしても守りに入る人が多いので、一気に投資するのは怖いんです。

私がそんな投資をした要因・・・離婚、仕事のストレス、人間関係の悪化などなど、もうどうでもいいやって時に大きな資金があったからかもしれません(^^;

みんながみんなできる投資ではないかもしれませんね。

短期で大きく儲ける最低金額は500万円?

短期で大きく儲ける最低金額は500万円?

小さい金額を細かく投資しても小さい利益しかでません。

大きな金額を投資すると大きく利益が出るようになります。
もちろん、逆もありますよ。大きな損益が出る可能性もあります。

私自身の投資経験で、急にという訳ではないですが、大きく増えてるという実感が湧いてきた金額は500万円を投資し始めた頃です。

500万円を動かせるようになると毎月10%で毎月50万円増えていく

狙いの株を5社くらいに絞って、それぞれ100万円程度の買い付けをしていました。

それくらいの金額を動かしていると、大きく日経株価が上がった週などは、1週間で10%くらいの利益が出ました。

私の投資していた時期は、結構そういう時が多い時でしたね。
特にハイテク株が大きく上がった時で、ほぼほぼ半導体株ばかり買っていました。

100万円を動かしていた時よりも、毎月の利益が100万円を超える時も出て来て、これは短期で儲けてる!と感じたのが500万円を動かし始めた時です。

もちろん、損切りルールはしっかり守ってましたし、投資のために会社に有給休暇を出したりしていました。

そういうために有給休暇を使うな!って思った人は、多分短期で儲ける事ができない堅物ですのでここらで退席下さい・・・。

先月増えた分も投資すれば複利効果で大きく増える

先月増えた分も投資すれば複利効果で大きく増える

500万円で投資して1ヶ月で出た利益100万円も次の月に投資に回します。

その月も上手くいけば、利益は120万、またそれも投資に回して・・・これを繰り返して行き、複利効果を生んでいました。

500万で毎月投資して、毎月5%の利益が出たとすると、1年で900万近くまで増えます。
それをまた1年、毎月5%の利益が出たら・・・1600万円

もちろん、上手くいけばの話ですので、損切りができない人がやると短期間で0円になる可能性もあります。

500万円を投資できる根性が身についてくる

大きな金額を動かせるようになるには、大きな金額を投資する思い切りが必要になります。

今て元に1000万円資金があるのに、損したらいやだと100万円しか投資しない人は短期間で儲ける事は出来ないでしょう。

私が短期間で大きく増やせた、儲けた要因は、勝てるようになったからではないんですよ。

損切りルールを徹底したからなんです。

勝率で言えば4割くらいでしたが、それでも増やせたのは、徹底した損切りと利確の繰り返しが出来たからだと思います。

大きな金額を動かしても、それさえ守れば損してもこれくらいの金額、と最初から計算できるようになるので、その買った株が損して20万円とかの損が出ても、許容範囲にあれば割りと平気です(笑)

この変な根性が付いてくると、短期間で大きく増やせる性格になってると思います。

1000万円を超える金額を動かせるようになると短期で大きく儲ける可能性が出てくる

1000万円を超える金額を動かせるようになると短期で大きく儲ける可能性が出てくる

投資額が1000万円を超えてくると・・・少し守りに入るんですよ。

性格によりますが、私の場合は大きく乱高下する株式投資に全額突っ込むのに若干の躊躇が出ました。

そこで、日経平均と連動する投資信託への投資に切り替えました。

正直、株式投資で大きな金額を動かしていましたが、かなり仕事中にトイレにこもる事が多くなったんです(笑)
もちろん、仕事に支障はありませんでしたが、精神的にそわそわする日が多くなりました。

そこで目を付けたのが、素人は買うなで有名な「レバレッジ投信」でした。

これはまた次の機会に詳しく解説したいと思います。

大きく儲けるためには大きな資金を動かすという話でした

大きく儲けるためには大きな資金を動かすという話でした

短期間で大きく儲けたいなら大きな金額を動かす事が必要になります。

ですので、全ての財産を失うリスクも背中合わせです。

ここまで書いた事は、私がたまたまうまくいった話ですので、誰もが当てはまる事ではないかもしれませんが、大きく儲けたいなら大きなリスクを背負わないと無理でしょう。

夢もありますが、最初は少額で繰り返して慣れる事も大事だと思います。

しかし、あくまでも投資は自己責任、という事は頭に入れておいてください。

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

タイトルとURLをコピーしました